薬剤師転職 > 薬剤師転職-留学に不可欠な語学力

薬剤師転職-留学に不可欠な語学力

薬剤師の方で、海外への留学を考えている方にとって、語学力の習得は絶対条件と言って良いでしょう。単なる観光旅行とは違って、異国で生活をしながら勉強する訳ですから、生半可な覚悟では必ず失敗します。

颯爽と留学したはいいものの、語学力不足が原因でクラスメートやルームメイトとうまくいかなかったり、試験にも合格することができなかったりして、結局ひっそり帰国するという話は珍しくありません。

薬剤師の場合、英語圏への留学が一般的です。アメリカに薬剤師として留学する際に必要な英語力は、TOEFLで550点(TOEFL CBT200点程度)程度が基準とされています。

とはいえ、上記のラインは「入学に最低限必要な点数」であり、大学を卒業してその国の薬剤師試験に合格することを最終目標とするならば、上記を遥かに上回る語学力が必要とされます。

例を挙げると、アメリカのある州で外国人が薬剤師になるには、最初にFPGEC Certificateという資格を取得して、1500時間のインターンシップをこなし、更にNAPLEX等の試験への合格が必要とされています。

要は、外国の医療現場でガンガンやりとりされる英語の薬学専門用語を理解し、その国の薬剤師法規に沿った形で使いこなすだけの英語力が必要とされるわけです。

また、会話だけでなく、英語のライティングスキルも重視されます。英語の論文においては、通常と異なり独特の表記ルールがあるため、それを理解した上で使いこなす必要があります。加えて、学習とは関係なく、異国で外国人として生活する為に、様々な書類を作成・提出しなければなりません。

以上のような現実を知った上でも「大丈夫、自分ならやれそうだ!」と考える方は、留学してもよいかもしれませんね。最近は薬剤師留学に特化した英語教材や、英語教室等も出てきていますので、それらを活用して、留学しても心配ない位、自分の語学力を高めるだけ高めておきましょう。


薬剤師転職-円満退社に必要なこと

転職活動も順調に進み、希望する企業や医療機関からの内定も得たら、いよいよ転職活動の締めくくりのステップ、今までお世話になった職場に対する退職の手続きを行いましょう。

気持ちは早くも新しい職場へ行ってしまいがちですが、社会人たるもの「立つ鳥後を濁さず」という気持ちを忘れてはいけません。退職手続きの際の流れを簡単にご説明しましょう。

①退職の意思表示(2ヶ月前)
まず内定した転職先に、謝意と入社の意思を伝えましょう。その上で、退職希望日の2ヶ月前を目安にして、直属の上司に相談しましょう。必ず最初に話すのは直属の上司です。部長やその上の役職の方にいきなり話すのは、礼を失する行為ですので止めましょう。

在職中折り合いが悪かったとしても、ここは大人の対応をしましょう。職場の人間関係が原因で退職するような場合は、同じ業界ですから円満退社のために別の理由を考えておく方が良いでしょう。上司に伝える前に噂が広がると面倒ですから、同僚であっても余程信頼が置ける人以外には話さないようにしましょう。

②退職願の提出(1ヶ月前)
円満退職する場合は、一般的に「退職願」になります。「退職届」ではありませんので注意してください。本当の退職理由を長々と書き連ねることはせず、形式的に「この度一身上の都合により…」という感じで簡潔に書けば大丈夫です。

③残務整理・引継ぎ(20日前)
後任の方に、自分が行っていた業務内容や作業手順、トラブル対応手順等を引き継ぎます。主要な連絡先や、担当している患者さんの情報(性格・習慣等)もドキュメント化しておくと役立ちます。

④退職の挨拶(10日前)
職場の同僚・先輩、取引先等に退職の件を伝え、挨拶周りをします。ハガキやメール等の挨拶状の準備も怠らないようにしましょう。

⑤退職時の諸手続
IDカードや健康保険証、名刺、定期券等を返却し、雇用保険被保険者証、源泉徴収票、年金手帳、離職票等を受け取りましょう。また、使用していた社給パソコン内の不要データ削除もきちんと行うようにしましょう。